子どもにあまい物が「絶対ダメ」な理由
子育て中のお父さん、お母さんには最低限知っていて欲しい事。

『あまい物は麻薬。』
『あまい物はキレやすくなる。』
『あまい物はアレルギーを発症。』
『あまい物は慢性疾患の元凶。』

あまい物。特に精製糖といって、体内に入ると直ぐに吸収してしまう糖のことを指します。おかし、ジュース、菓子パン…。
比較として、ご飯の糖分を気にされる方がいますが、ご飯の糖分はゆっくりと体内に吸収されるため別物です。別物というのは、低血糖になりにくいという点でです。

——————————-
精製糖を食べたときに体内でおこること。

1.あまい物を食べる
2.血糖値が極端に上昇する
3.血糖値を下げるためにインシュリンが大量に消費される
4.急激に血糖値を下げると「低血糖症」になる
5.低血糖になると、血糖値を上げるホルモンが分泌
 ・あの有名なアドレナリンの分泌によって興奮状態になる
 ・マグネシウム、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラルを体から余計に消耗、排出
 ・ストレスやアレルギーに対抗するコルチゾールの消費によってキレやすくなったり、アレルギーが出たりします。
——————————-

何でもそうですが、3歳までは絶対に与えてはいけません。

3歳までにしてはならないことは、
・精製糖、小麦製品、の摂取
・遺伝子組み換え食品、異性化糖、放射性物質の摂取
・テレビ、ゲームなどの液晶画面を見せること

write

コメントを残す